スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |pookmark
1年前の今日
さっきふと気づいたんですが・・・

去年の今日、25日に病院へ入院。
そして促進剤を点滴して、ドキドキしながら出産に望む予定でしたラブ

妊娠期も38週0日で、先生によると子宮口も柔らかいし、確か3センチくらいまで、
開いていたので、点滴して陣痛がつけばすぐ産まれるよラッキー
って言ってたので、点滴すればすぐ陣痛がきてスルッと産まれるもんだろうと
思っていましたイヒヒパー

あっひらめきちなみに腹囲は98センチでしたグッド


そしていざ点滴スタートGO!
でも、お腹の張りはあるものの陣痛らしき痛みが全くこなくて、
午後の3時に先生から今日は終わりと言われて、
そのまま、陣痛室でお泊りすることとなるのでした・・・たらーっ

だから本当は25日がれなしゃんひなぽのお誕生日になるはずだったんですが、
そうそう上手くいくもんじゃなくて、
結局、次の日の26日も違う点滴を打ってみたんだけどダメ・・・撃沈プシュー

点滴終了間際にちょっと偉い先生が子宮口を広げてくれたおかげで、
点滴終わってからずーっと次の日の27日の朝まで、
中途半端な陣痛に苦しめられました・・・モゴモゴ

中途半端な陣痛っていうと、規則的に30分〜1時間の間に陣痛があって、
一晩眠れなかった[:がく〜:]

しかも、25日は陣痛室にお泊りだったので、周りは誰もいなかったんだけど、
26日は普通の入院部屋だったので、お隣さんもお向かいさんもいる状態なので、
あまり、うるさくすると寝ている皆さんに悪いと思って、
ふぅーーーー撃沈って声を殺しながら息をしてたって感じあせあせ

本当あれはツラかったなぁ〜ポロリポロリポロリ

で、27日のおてんきがやっときて、看護士さんが
今日の午前中には産まれるね〜〜わーい
と言ってくれて9時から点滴スタートしたら急に素晴らしく間隔が短い陣痛になって、
午前中のうちに分娩室に移動となりましたひやひや

でも、分娩室に行ってもれなしゃんは、なかなか出てきてくれなくて困惑プシュー

だんだん疲れてきて、いきめなくなってきちゃて下向き下向き下向き

子宮口全開から1時間経った頃、助産士さんから先生にバトンタッチって感じになって、
私の周りにはあれよあれよという間にたくさんの先生や看護士さんに
囲まれてしまってましたたらーっ

酸素送られたり、いろいろされててなんだか本当にまな板の上の鯉の心境でしたよ〜汗


でも・・・れなしゃんがもうそこまで来ているのに出てきてくれなくて・・・

結局、れなしゃん吸引。
27日午後1時49分誕生拍手

まずはここでれなしゃんとご対面ラブラブ


ほっする間もなく
先生に『もう一人いるからね!次の陣痛をちゃんと感じるんだよパンチ』と。

でもこれっていう陣痛が来る前にひなぽ横転・・・冷や汗


先生が『横になってしまったから切るよ!』って・・・


ストレッチャーに乗せられて手術室に運ばれるころになって陣痛がやってきた撃沈プシュー


前日の夜からずーっと陣痛の痛みに耐えてたから、脊椎麻酔なんて、
ちーっとも痛くなかった爆弾爆弾爆弾


そして先生たちにサクサクッて切られて
27日午後2時31分ひなぽ誕生拍手

そしてやっとひなぽともご対面ラブラブ

ずっと経膣分娩か帝王切開か悩んでいたのに、結局は両方経験するはめに・・・てれちゃうてれちゃうてれちゃう


去年の今日25日の私はその後に、こんなことになるとは想像することもなく、
きっとスルッと出てきて、月には可愛い赤ちゃん赤ちゃんたちとご対面ラブラブハート大小
なぁ〜んて軽く考えていてウキウキしながら病院へ入院しに行っていたのでした・・・たらーっ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ JRANKホームページランキング
ランキング参加中です。応援してください☆ お手数ですが3つポチッとお願いします。
| 妊婦のころ | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |pookmark
妊婦で保険加入?!
妊娠が発覚して嬉しさが一段落すると一抹の不安が出てきました。

初めての妊娠で双子って・・・
周りのお友達はみんな単胎妊娠だったからどんなもんなのか想像もできないし。

そして管理入院や帝王切開の可能性が非常に高くなることを知り、財布お金のことも心配になりました。
女性特約のついた保険にも加入していなかったので、もし万が一長期間に渡る管理入院なんてなったら家は破産してしまいます撃沈

私の友人は切迫早産のため6ヶ月から3ヶ月半の入院で100万近くかかった話を聞いていたので急いで医療保険を探しました汗汗

でも、妊婦って保険加入が難しいんですね・・・ひやひや

私知りませんでした下向き下向き

どこの保険会社に電話問い合わせても妊婦はダメとのことポロリ

パソコンネットで検索してやっと見つけたのが
ソニー生命拍手拍手

特に特記されているわけではないけれで、妊婦でも27週までであれば加入できるそうです。
私はすぐ電話問い合わせをし、近くのファイナンシャルプランナーさんを派遣してもらい契約しました。

もちろんきちんと事前告知は必要ですし、病歴も無かったのですんなり契約出来ましたが、妹は喘息が引っかかり契約出来なかったりと人それぞれ違うこともあります・・・パクップシュー

正直、妊婦の間は何のトラブルもなく管理入院することも無く過ごし、れなしゃんひなぽも頭が下だったので、経膣分娩予定となり、保険の必要性は全く感じませんでしたたらーっ

が・・・しかし!!!!
最後の最後で緊急帝王切開モゴモゴ汗

お産に伴う入院期間の10日間分
帝王切開手術費一部負担
トータル20万円がソニー生命から下りましたわーいチョキ
加入してて良かったてれちゃうイヒヒてれちゃう

本当に保険って万が一の時の保険なんだなぁとつくづく感じましたおはな


にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ JRANKホームページランキング
ランキング参加中です。応援してください☆ お手数ですが3つポチッとお願いします。
| 妊婦のころ | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) |pookmark
〜驚きの妊娠判明その◆
体調不良だと思って内科で検診したところ実は祝妊娠が発覚!!
で喜びいっぱいで次の日に産婦人科へ行ってみました。

院内は妊婦さんがたくさんいて私もとうとう妊婦さんの仲間いりだわ〜ラブ
これからこの病院にお世話になるのね〜てれちゃう
ウキウキしながら順番を待ちました。

尿検査をしてから問診、その後、内診をうけ先生とお話しました。

先生:「えーっと。今7週目に入ったところです。」
私 :「そうですかわーい
先生:「身内に双子さんはいらっしゃいますか?」
私 :「いいえ。いませんけどるんるん
先生:「胎嚢が二つあるんですよ。」
私 :「はい」←意味が解ってないのでとりあえず返事だけしてる・・・
先生:「赤ちゃん双子なんですよ」
私 :「はっ!?
先生:「ほら、ここに2つ胎嚢があってそれぞれに赤ちゃん(胚芽)があるのね」
私 :「はい・・・」
先生:「大丈夫ですか?」
私 :「子供二人は欲しかったから良かったですラブラブ
先生:「何言ってるんですか下向き双子は本来、異常妊娠の部類に入るのだからそんな呑気なこと言ってられませんよ!妊婦のときから大変なんですからね!!
私 :「はぁ・・・そうなんですか・・・ひやひや
先生:「とりあえずまだ心音が確認できないからまた来週診察に来てください。」


ということで次の週にまた受診する予約を入れて初めての産婦人科での検診は終わったのでした。

そしてまたまた自動車に乗ってからパパにすぐケータイ

パパ:「どうだったラッキー
私 :「うん。7週目だってラブ
パパ:「そっか、そっか。良かったねくるりん揺れるハート
私 :「うん!でもね上向き」 
パパ:「うん?
私 :「双子らしいたらーっ
パパ:「マジでぇ〜〜てれちゃう
私 :「うん。とりあえず心音が確認できてないからまた来週病院病院行く」
パパ:「そっか〜さくらんぼ双子かぁがんばろうねニコニコニコニコ


先生には異常妊娠の部類に入るから大変だと言われたけど、私たち夫婦はこの双子の妊娠をお互いに心から喜んで大変と言われてもがんばる決意をしたのですぴかぴかぴかぴか

そして2週間後、無事に二人とも心音が確認され先生から双子のリスクに関するお話を受け、NICU(新生児集中治療室)の設備の整った病院総合病院への紹介状を頂き妊婦生活がスタートすることになりました拍手


にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ JRANKホームページランキング
ランキング参加中です。応援してください☆ お手数ですが3つポチッとお願いします。

| 妊婦のころ | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) |pookmark
〜驚きの妊娠判明その 
2006年11月末ころ、突然毎日体調が悪くなりました下向き
体調が悪いといっても動けないほどではなく、なんだかちょっと風邪っぽい感じ撃沈
微熱が続いて、ちょっと気持ち悪いかなぁってくらいの状態が1週間くらい続いたので、私的にはもしかして妊娠ムードと心の中でウキウキしていたんです

そしてパパにも体調悪いのはもしかして赤ちゃんできてるんじゃないとアピールしてみたものの・・・
パパは
「そんなに早く妊娠兆がはずないよ。」と一言モゴモゴ
そしてさらに
「ノロウィルスとかインフルエンザ流行ってるから悪いウィルスにやられてないか病院(内科)行って検査しておいでよ〜」とのこと唖然プシュー


確かに妊娠してなかったら産婦人科に行っても恥ずかしいしと思い近所の内科へ行ってみました。
先生に
「1週間ほど微熱が続いて、たまに気持ち悪いですあせあせ」と伝えたところやっぱり先生も当時ノロウィルス大流行してたので、
「じゃあ血液検査をしてみましょう!」と検査をしてくれました
結果は2日後には解るからということでその日はそのままおうちへ帰りました。

そして2日後・・・
先生:「前回の血液検査ではどこも異常は見つかりませんでした」
私 :「そうですかぁプシュー
先生:「ただね・・・」
私 :「!?
先生:「妊娠の陽性反応が出ています」
私 :「!? !? ということは」
先生:「体調が悪いのはつわりのせいかもしれませんねぇ〜たらーっ
私 :「・・・そうでしたかプシューお手間取らせてすいませんでしたモゴモゴプシュー
先生:「いえ。いえ。とりあえず産婦人科でもう一度、受診してみてください。それでまたなにかあったらいつでも来てくださいね楽しい
私 :「ありがとうございました」

と、こんなやりとりで妊娠していることがわかりました。

当然この時点ではまだ双子ということはわかっておりません。

ただこの時は子供を妊娠しているという喜びをいっぱい噛み締めて自動車に乗ったらすぐパパにケータイTELちょっと暗めに話しはじめましたイヒヒ

私 :「今、病院病院終わった下向き
パパ:「先生何て言ってた?」
私 :「血液検査では特に何も異常はないって下向き
パパ:「そっかぁ〜じゃあなんだろうね汗
私 :「ただね・・・」
パパ:「うん。」
私 :「妊娠の陽性反応が出てるっててれちゃうラブ
パパ:「えーーびっくりそうなんだぁ〜。そっか、そっかぁ〜良かったね〜ぴかぴか


こんな妊娠判明にびっくりしながらも子供を授かった喜びでいっぱいの私たち夫婦が産婦人科で受診後にさらに驚きの事実が判明することは、まだこの時は知りませんでしたたらーっ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ JRANKホームページランキング
ランキング参加中です。応援してください☆ お手数ですが3つポチッとお願いします。
| 妊婦のころ | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) |pookmark